形成外科で動画撮影後、考えたこと




サージャンの撮影


特定の領域で全国的に著名なドクターの動画撮影を行いました。患者との術中のやり取りをカメラに収め、ロングインタビューで哲学・スタンスに迫りました。



定義できない医師(医療)の質


医師(医療)に対する評価には多くの評価軸があり、患者側から見た「いいお医者さん」が必ずしも他の評価軸で素晴らしいと評価されるわけではありません。適切な診断や形成のデザイン、綺麗な切開、細かい縫合などの医療行為の質だけでなく「話をよく聞いてくれた」「納得した上で手術に臨めた」などのコミュニケーションに対する評価が患者の術後満足度に関わるためです。多くの医師は「患者さんが幸せになることが第一」と患者に寄り添って考えてくれていますが、その思いが伝わり患者といい関係を築けている医師ばかりではありません。中には自己研鑽を惜しまず素晴らしい技術を持っているのに口下手なことから患者からの評価が伴わない医師もいて、わたし達はそれを残念に思ってます。



医療に対する情熱を翻訳する


患者は診断や手技のクオリティを判断できません。結果が全てです。わたし達はそれは正しいことだと理解した上で、患者からは通常見えない医師の技術や技術向上に対する情熱を患者に伝えることに挑戦します。ウェブや映像を使って医療人にしか分からない面の情報を非医療人に伝わるよう翻訳し伝えます。そうすることで患者が医療機関を選択する際、参考になる情報が増え、より納得して選択できるようになると信じています。



サイトは2020年5月末公開予定


今回は日本有数の技術とそれを証明する実績と名声を持つ医療機関のブランディングが弊社の役割です。業界では非常に有名な医療機関ですが一般に対して開示された情報があまりにも少ないため、業界内で既に形成されているブランドに対し患者側からもリーチできるよう「医療に対する情熱と技術を非医療者に翻訳し伝えること」をテーマにホームページ、サテライトサイト、プロモーション動画を制作しています。








最新記事

すべて表示

新規開業に伴い、検索対策に強いホームページ制作会社を探していました。 北海道札幌市 八軒内科ファミリークリニック 院長 大坪優介 先生 2021年10月に札幌市西区で開業した八軒内科ファミリークリニック。総合診療外来クリニックと在宅療養支援診療所の側面を持つクリニックで、患者の希望に合わせて正しい医療を受けながら住み慣れた自宅での療養を受けられます。 ホームページの制作を検討されたキッカケや理由を

当社で制作した白内障手術の説明用CG動画です。 口頭説明やイラストでは伝えにくい眼内レンズ挿入前と挿入後の光の屈折についてCGで分かりやすく表現しています。 患者とそのご家族への手術説明や、セミナー・勉強会などでお使いください。

開業直後から見込患者の認知を獲得するためには、開業前からのGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)とホームページの運用が必要不可欠です。 今回はクリニック開業までに当社が担当するデジタルマーケティング・広告戦略の流れについてご紹介いたします。スケジュールはあくまで目安となります。 クリニック名とコンセプトを決めたらすぐにロゴ制作 ここで決めるクリニック名・コンセプト・クリニック